源氏物語図屏風(明石・蓬生) げんじものがたりずびょうぶ あかし よもぎう

その他の画像全6枚中6枚表示

絵画 / 安土・桃山 

筆者不詳
安土桃山時代・16世紀
紙本金地着色
各151.5×351.5
6曲1双

京を離れた源氏が須磨から明石へ移り、のちに恋人となる明石の御方に出会う場面(第十三帖「明石」)と、帰京した源氏が、変わらず源氏を待ち続けていた末摘花を訪ねる場面(第十五帖「蓬生」)です。いずれも二人が会う直前の様子で、後の話の展開を予感させる表現になっています。

須磨:すま、明石:あかし、末摘花:すえつむはな、蓬生:よもぎう

作品所在地の地図

関連リンク

源氏物語図屏風(明石・蓬生)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

源氏物語図 蓬生(巻15)
源氏物語図
源氏物語図 初音(巻23 )
源氏物語図屏風
源氏物語図 末摘花(巻6)
ページトップへ