小袖 紅綸子地松貝桶模様 こそで べにりんずじまつかいおけもよう

その他の画像全3枚中3枚表示

染織 / 江戸 

江戸時代・18世紀
1領

 貝桶とは、蛤(はまぐり)の内側に彩色された絵を合わせる遊びである貝合せの貝を入れておく蓋(ふた)付の桶(おけ)のことである。貝を合わせることから、夫婦和合の象徴として婚礼調度に加えられるほか、吉祥模様として晴れ着にもデザインされた。

作品所在地の地図

関連リンク

小袖 紅綸子地松貝桶模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

打掛 白綸子地貝桶模様
松橘蒔絵貝桶
蘆蒔絵貝桶および内容品
源氏絵彩色貝桶
松竹蒔絵貝桶
ページトップへ