文化遺産オンライン

撫子蒔絵硯箱

なでしこまきえすずりばこ

作品概要

撫子蒔絵硯箱

なでしこまきえすずりばこ

漆工 / 江戸

山本春正作

江戸時代・18世紀

1合

表面には金の研出蒔絵で撫子を精細に描いている。花心には金切金を置いて変化をつけ、花弁には淡蒔きを用いて微妙な色調を表現する。蓋裏に「春正(花押)」の蒔絵銘があり、京都で活躍した蒔絵師・山本春正の4代目、春正春継(1703~1770)の作と考えられている。

撫子蒔絵硯箱をもっと見る

山本春正作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

蒔絵 / 硯箱 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索