文化遺産オンライン

半切 紅地梅鉢唐草模様

はんぎれ べにじうめばちからくさもよう

作品概要

半切 紅地梅鉢唐草模様

はんぎれ べにじうめばちからくさもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1腰

半切とは丈の長い「長袴」に対し、半分に切られた袴、を意味する。能装束では、金襴や錦など厚手の絹織物で製作された。神や鬼などの役が着用することが多いことから、大柄で人目をひくデザインとなっている。赤地に金糸で全体に模様を織り出し、華やか。

半切 紅地梅鉢唐草模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 織る / 半切 / 装束

関連作品

チェックした関連作品の検索