文化遺産オンライン

偈頌

げじゅ

作品概要

偈頌

げじゅ

/ 室町

一休宗純筆

室町時代・応仁元年(1467)

紙本墨書

1幅

後小松天皇の子に生まれた一休は、母の身分が低かったため、6歳で出家しました。やがて悟りをひらき、世間の名声や利益を容れず、権力に媚びない生き方を確立しました。その書は破格で、既存の書法と一線を画しています。これは、禅について尼僧に問われて書いた詩文です。

偈頌をもっと見る

一休宗純筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

一休 / 一休宗純 / Muromachi / 室町

関連作品

チェックした関連作品の検索