縫箔 黒茶片身替鉄線唐草薄扇散模様 ぬいはく  くろちゃかたみがわりてっせんからくさすすきおうぎちらしもよう

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 安土・桃山  江戸 

安土桃山時代~江戸時代・17世紀
1領

安土桃山時代に流行した左右が模様が替わる華やかな片身替。片身にさまざまな草花模様を刺繍(ししゅう)で表わした扇面を散らし、地の部分に金箔で模様を表わす。日本では扇は末広がりであることからおめでたい模様とされ、着物や器など身の回りの道具にデザインされた。

作品所在地の地図

関連リンク

縫箔 黒茶片身替鉄線唐草薄扇散模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

縫箔 茶地百合御所車模様
厚板 金紅片身替詩歌模様
唐織 萌黄地雪持柳桐菊藤梅片身替模様
縫箔 紅白段短冊八橋雪持柳模様
扇面散蒔絵重箱
ページトップへ