千手観音坐像香合仏 センジュカンノンザゾウコウゴウブツ

その他の画像全2枚中2枚表示

彫刻 

1合

香合形の身の内側に千手観音坐像を、蓋の内側に功徳天像・婆薮仙像および乗雲の火舎、飛行する横笛、笙をそれぞれ高浮彫であらわす。主要な図柄は、現図胎蔵曼荼羅の虚空蔵院の中の千手観音とその眷属の図様にもとづいている。 身・蓋とも白檀の1材製で、千手観音像の脇手に至るまで共木から彫出され、彩色や截金をほどこさない素地の仕上げである。閉じ籠められた白檀の芳香が、蓋を開けて仏を拝むとともに漂い出るという絶妙の効果が期待されたのだろう。古文献の1つに、「御手箱仏」とあるが、このような香合仏を指すことばと考えられる。手足のよく伸びた千手観音像の姿が鎌倉時代初めの作であることを示唆している。

作品所在地の地図

関連リンク

千手観音坐像香合仏チェックした作品をもとに関連する作品を探す

愛染明王香合仏
千手観音像
虚空蔵菩薩像
大谷磨崖仏
木造十一面観音立像
ページトップへ