文化遺産オンライン

青花花鳥文双耳壺

せいかかちょうもんそうじこ

作品概要

青花花鳥文双耳壺

せいかかちょうもんそうじこ

陶磁 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

朝鮮時代・19世紀

磁製

高35.3 口径15.7 底径15.1

1口

肩が張り、高く垂直に立つ口をそなえる白磁の壺は、朝鮮時代に広くみられる典型的な形で、この壺には肩に獅子の形をした耳が付いています。裾を広めにとって圏線をひき、淡い青花でのびのびと文様を表します。素朴ながら情感豊かな花鳥の姿です。

青花花鳥文双耳壺をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 朝鮮 / Joseon /

関連作品

チェックした関連作品の検索