Nowakimakieogigatabako

野分蒔絵扇形箱

Details

Nowakimakieogigatabako

野分蒔絵扇形箱

漆工

縦:29.5cm 横:21.6cm 高:5.6cm

1合

扇を象(かたど)った箱。用途は不明だが、香木などをしまったかもしれない。場面は『源氏物語』の「野分」。台風一過、夕霧が、父、光源氏の名代で秋好中宮を見舞った折りに目にした景色である。霧の中、色とりどりの衣装を身につけた童女たちが庭に降り、秋草の露を虫籠にかけてまわり、辺りには香も立ちこめていた。ものの憐れと雅びが入り交じる幻想的な秋の印象である。蓋裏には籬に桔梗や撫子などが描かれている。

Search by Nowakimakieogigatabako

Search by 京都国立博物館

Keywords

/ 蒔絵 / lacquer / Box

Related Works

Search items related to work chosen