扇散蒔絵硯箱 おうぎちらしまきえすずりばこ

その他の画像全2枚中2枚表示

漆工 / 江戸 

江戸時代・19世紀
縦21.3 横19.7 高5.0
1合

江戸時代後期には、扇散らし文様はごく一般的な蒔絵の意匠となった。ここでは一見普通の文様の硯箱と見せながら、蓋を開けると、水銀を仕込んだからくり細工によって水車が回るという、人の意表をついた趣向となっている。扇面には洲浜に千鳥、芦辺に片輪車などの風物や、菊・桔梗などの秋草を描く。

作品所在地の地図

関連リンク

扇散蒔絵硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

扇散蒔絵手箱
扇面散蒔絵重箱
砧蒔絵硯箱
柴垣蔦蒔絵硯箱
比良山蒔絵硯箱
ページトップへ