文化遺産オンライン

木造阿弥陀如来坐像

作品概要

木造阿弥陀如来坐像

木像 / 平安

この仏像は博文の遠祖である林淡路守通起の菩提寺、真言宗吉祥院(明治期に廃寺)の本尊であった。
仏像は90.4cmの檜材一本造り、台座は高さ62cmの七重蓮華座で、制作期は平安時代後期とされる。

木造阿弥陀如来坐像をもっと見る

伊藤公資料館をもっと見る

キーワード

阿弥陀如来 / 本尊 / / 仏像

関連作品

チェックした関連作品の検索