文化遺産オンライン

帷子 白麻地扇菱斑女文字模様

かたびら しろあさじおうぎびしはんじょもじもよう

作品概要

帷子 白麻地扇菱斑女文字模様

かたびら しろあさじおうぎびしはんじょもじもよう

染織 / 江戸

江戸時代・17世紀

1領

 麻地の単(ひとえ)仕立の帷子に、左肩から右裾(すそ)にかけて弧を描くように扇模様と菱模様を散らしたデザインは、江戸時代前期から中期の流行をうかがわせる。「班女」は能の演目名。愛する男性と取り交わした扇を胸に抱いて再会を祈り、狂女となって狂い舞う遊女の物語。  

帷子 白麻地扇菱斑女文字模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

帷子 / 模様 / / ramie

関連作品

チェックした関連作品の検索