文化遺産オンライン

帷子 白麻地竹桔梗切紙模様

かたびら  しろあさじたけききょうきりかみもよう

作品概要

帷子 白麻地竹桔梗切紙模様

かたびら  しろあさじたけききょうきりかみもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

 刺繍と中形(型染)で、すっきりと模様を表した麻の単仕立ては、夏向きの帷子である。もともとは武家、あるいは公家の出の女性が着用したものと思われるが、腰から上には、抱き藤紋と稲穂丸紋の繍紋を散らしており、あるいは後から付け足したものかもしれない。
(2006/06/27_h101)

帷子 白麻地竹桔梗切紙模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

帷子 / 模様 / / ramie

関連作品

チェックした関連作品の検索