Water Ewer in Shape of Kundika Flowering plant design in iron pigment

Details

Water Ewer in Shape of Kundika Flowering plant design in iron pigment

ceramics

Si Satchanalai ware, Thailand

15th-16th century

Ceramic

高14.8 底径7.6

1口

「ケンディ」は、仏教で用いる水瓶を指すサンスクリット語「クンディカ」に由来するもので、東南アジアから中国、日本へと広がりました。独特の形をした頸と注口が目をひきます。タイにおける製陶の中心、中部のシーサッチャナーライ窯で作られました。

Related Works

Search items related to work chosen