文化遺産オンライン

岩谷口岩陰の青銅鏡

いわやぐちいわかげのせいどうきょう

概要

岩谷口岩陰の青銅鏡

いわやぐちいわかげのせいどうきょう

金属製品類 / 古墳 / 九州 / 長崎県

不明

長崎県

古墳時代/古墳時代

青銅製・円形、全体の四分の一残存

復元直径9.8cm

1件

佐世保市吉井町立石473

佐世保市指定
指定年月日:20210422

佐世保市

有形文化財(美術工芸品)

昭和41年(1966)に旧世知原町教育委員会と古代学協会が実施した発掘調査により岩谷口第二岩陰から出土した。多量の炭化物や土師器片とともに出土した状況から、祭祀的用途に用いられたことは明らかといえる。

岩谷口岩陰の青銅鏡をもっと見る

不明をもっと見る

地方指定文化財データベースをもっと見る

キーワード

調査 / 古墳 / 実施 / 出土

関連作品

チェックした関連作品の検索