Rafu

裸婦

Details

Rafu

裸婦

絵画 / 油彩画 / 大正 / 日本

前田寛治 (1896-1930)

まえたかんじ

1925年

カンヴァス・油彩

45.5×33.3

前田寛治が渡仏(1922年)した頃のパリは、エコール・ド・パリやフォーヴィスムの画家たちがそれぞれの個性や情熱を画面に噴出させていた時代であり、まさに「芸術の都」でした。『裸婦』は、前田のパリ時代の最後の時期に描かれた作品のひとつです。バランスのとれた明暗の配置、人体の解剖学的な正確さをあえて拒否した組み立てには、対象をあくまで知的に再構成しようとする画家の姿勢が感じられます。

Search by Rafu

Search by 前田寛治

Search by 福島県立美術館

Keywords

oil / 油彩 / パリ / 作品

Related Works

Search items related to work chosen