冨嶽三十六景《登戸浦》 ふがくさんじゅうろっけい のぼとうら

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
1

千葉県の千葉市にあり、地名は「のぼと」又は「のぶと」と呼ばれ、浅瀬に立った登戸神社の鳥居が描かれている。画中中央に大きく描かれた鳥居越しに、富士が遠望され、浅瀬で仕事に励む人々が巧みに配置されている。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《登戸浦》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《相州仲原》
冨嶽三十六景《諸人登山》
冨嶽三十六景《江戸日本橋》
冨嶽三十六景《甲州三坂水面》
冨嶽三十六景《東都駿臺》
ページトップへ