絹本著色後陽成院像 けんぽんちゃくしょくごようぜいいんぞう

絵画 / 安土・桃山 / 近畿 

狩野孝信
桃山
絹本著色 掛幅装
縦106.9cm 横60.1cm
1幅
重文指定年月日:20130619
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

狩野永徳の次男である孝信(1557~1618)は、主に宮廷の御用を勤めて活躍した。本図は烏帽子を被り直衣を着けた後陽成院(1571~1617)の姿を描く。
顔の表現には微妙な陰影を駆使して適切な立体感を表出しており、近世初期の肖像画を代表する遺例である。

関連リンク

絹本著色後陽成院像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色阿弥陀聖衆来迎図
絹本著色熊野曼荼羅図
絹本著色阿弥陀聖衆来迎図
絹本著色光明本尊
絹本著色夢窓疎石像<BR/>絹本著色無極志玄像
ページトップへ