Two Handled Bottle

Details

Two Handled Bottle

glass work / Other Asia

Iran

エラム王国末期/8th-7th Centuries BC

Glass

H.11.7cm

岡山市立オリエント美術館

金属棒を芯にして、耐火粘土で型を作り、溶けたガラスを付着させて硬化させたあと、粘土を掻き取る、コア技法を用いたガラス容器です。風化が著しく、往時の色彩を伺うことはできません。メソポタミアの気候、土壌はガラスの風化を促進するようで、本作のように当時の器形をとどめているガラス容器は、あまり現存していません。

Related Works

Search items related to work chosen