雙栗神社玉垣 さぐりじんじゃたまがき

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 近畿 

京都府
江戸/1751~1830/1961改修
木造、瓦葺、総延長44m
1棟
京都府久世郡久御山町佐山双栗55
登録年月日:20140425
宗教法人雙栗神社
登録有形文化財(建造物)

本殿門両側から、本殿左右に矩折れにのび、東方は南面三間東面八間、西方は南面三間西面八間を数える。南面と東西面の前方五間は角連子の透塀、後方六間は尖頭形の板を並べた透塀とし、二種の形式を併用させて変化をつける。本殿廻りの神域を画す玉垣。

作品所在地の地図

関連リンク

雙栗神社玉垣チェックした作品をもとに関連する作品を探す

雙栗神社本殿門
雙栗神社拝殿
今宮神社若宮社門・透塀
雙栗神社石鳥居
出雲大神宮本殿廻廊及び透塀
ページトップへ