文化遺産オンライン

白縮緬地桐ニ市松文様縫染小袖

作品概要

白縮緬地桐ニ市松文様縫染小袖

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

斜めに配した石畳文を藍で型染にし、桐の葉を紅の鹿の子絞りで、桐の花を金糸や紅の絹糸で刺繍する。背面の左腰にやや空間を残し、全身に華やかな王朝風の模様を表した、いわゆる「元禄小袖」である。桐の花は「踊り桐」とも称される。(20090526_h101) ルビ:あい、ししゅう

白縮緬地桐ニ市松文様縫染小袖をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

小袖 / / 刺繍 / 鹿の子絞り

関連作品

チェックした関連作品の検索