白縮緬地桐ニ市松文様縫染小袖

染織 / 江戸 

江戸時代・18世紀
1領

斜めに配した石畳文を藍で型染にし、桐の葉を紅の鹿の子絞りで、桐の花を金糸や紅の絹糸で刺繍する。背面の左腰にやや空間を残し、全身に華やかな王朝風の模様を表した、いわゆる「元禄小袖」である。桐の花は「踊り桐」とも称される。(20090526_h101) ルビ:あい、ししゅう

作品所在地の地図

関連リンク

白縮緬地桐ニ市松文様縫染小袖チェックした作品をもとに関連する作品を探す

桐樹霞模様小袖
桐樹霞模様小袖

作者不詳

黒紅地熨斗藤模様繍箔小袖
小袖 白綸子地花車模様
帷子 浅葱麻地桐立木君が代和歌文字模様
黒綸子地波鴛鴦文様小袖
ページトップへ