勿来関図 なこそのせきず

絵画 / 江戸 

板谷慶舟〈広当〉筆
江戸時代・寛政6年(1794)
絹本着色
109.0×53.0
1幅
銘文:住吉慶舟行年六十六歳画 ; 和画一流

『千載和歌集(せんざいわかしゅう)』に掲載される源義家の歌詠みの情景を描いたもの。勿来関(なこそのせき)は常陸国(ひたちのくに)と陸奥国(むつのくに)の境にあたる関で、義家はここを通るとき桜が散るのを見て「吹く風を なこそのせきと 思えども 道もせにちる 山桜かな」と読んだという。板谷慶舟広当(いたやけいしゅうひろまさ)66歳の作品。

作品所在地の地図

関連リンク

勿来関図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

勿来関図
勿来関図

狩野〈伊川院〉栄信筆

毘沙門天像
毘沙門天像

板谷慶舟〈広当〉筆

勿来関図
勿来関図

浮田一けい(1795~1859)筆

板谷家伝来資料
鷹狩図
鷹狩図

住吉広尚筆

ページトップへ