古染付寄向付 こそめつけよせむこうづけ

その他の画像全4枚中4枚表示

陶磁 /  

中国・景徳鎮窯
明時代・17世紀
磁質
10枚

明末に景徳鎮民窯で焼かれた古染付の皿。いずれも型成形で兎、魚、琵琶、貝、筍をかたどっている。底にはそれぞれ足が付いて器高があるところから、懐石の向付として日本から注文されたものであろう。飄逸で味わい深いかたちと文様が目に楽しい作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

古染付寄向付チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古染付人物文皿
古染付人物文皿

中国・景徳鎮窯

古染付手桶形水指
古染付手桶形水指

中国・景徳鎮窯

古染付蓮池独釣図手鉢
古染付蓮池独釣図手鉢

中国・景徳鎮窯

古染付高砂手花入
古染付高砂手花入

中国・景徳鎮窯

古染付松樹文双耳花入
古染付松樹文双耳花入

中国・景徳鎮窯

ページトップへ