文化遺産オンライン

婦人用時計鎖

ふじんようとけいくさり

作品概要

婦人用時計鎖

ふじんようとけいくさり

金工 / 明治

鎖:村松万三郎作、金具:香川勝広作

明治25年(1892)

金銀製

1連

村松万三郎は明治時代に活躍した金工家で、鎚金の技術を得意とし内外の博覧会で受賞を重ねた。これは村松が鎖を製作し、香川勝広、沢田寿永が金具の制作をしたもので、男子用鎖の蔦の表現や、婦人用の房にみる細工の細かさには目を見張るものがある。

婦人用時計鎖をもっと見る

鎖:村松万三郎作、金具:香川勝広作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 博覧 / 勝広 /

関連作品

チェックした関連作品の検索