文化遺産オンライン

花鳥図

かちょうず

作品概要

花鳥図

かちょうず

絵画 / 室町

室町時代・15~16世紀

紙本墨画

52.7×27.4

1幅

銘文:鳥の左側に方印を削り取ったとみられる痕跡がある。 ; 「無落款古画水辺小禽」の墨書がある。

水辺で鳥がくちばしと足で小さな羽虫をとらえている。本図は落款印章を欠き、筆者は不詳であるが、岩と点苔の描写は阿弥派に類似し、作者と阿弥派との関係を推測させる。紙の地色と諸所に施された濃墨の対比も美しい。
ルビ:らっかんいんしょう てんたい あみは じいろ のうぼく(140508_h033)

花鳥図をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 水辺 / / 小禽

関連作品

チェックした関連作品の検索