帷子 白麻地近江八景模様 かたびら しろあさじおうみはっけいもよう

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 江戸 

江戸時代・18世紀
1領

麻地に藍+あい+の濃淡で模様を染め出す茶屋染+ちゃやぞめ+は、江戸時代後期の武家女性が着用する夏の料。「近江八景+おうみはっけい+」のうち、右肩の紅葉に彩られた石山寺の堂宇は「石山秋月+いしやまのしゅうげつ+」、腰のあたりの浮御堂に雁が飛来する「堅田落雁+かただのらくがん+」、裾の長い橋は瀬田の唐橋+からはし+で「瀬田夕照+せたのせきしょう+」の景を表わす。(高木結美氏執筆)

作品所在地の地図

関連リンク

帷子 白麻地近江八景模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

帷子 白麻地楼閣岩流水模様
帷子 白麻地風景模様
帷子 白麻地葵筏網模様
帷子 白麻地草木御所車柴垣模様
帷子 白麻地波花舟模様
ページトップへ