文化遺産オンライン

打掛 紅綸子地御簾薬玉桜模様

うちかけ べにりんずじみすくすだまさくらもよう

作品概要

打掛 紅綸子地御簾薬玉桜模様

うちかけ べにりんずじみすくすだまさくらもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

鶴の吉祥模様を地紋に織り出した華麗な綸子(りんず)地を紅色に染めた打掛。刺繍(ししゅう)で表わされた薬玉と御簾の模様もまた日本における吉祥模様の1つである。古来、宮中では年中行事として、5月5日の端午(たんご)の節句には、御簾や柱に花と五色の糸で飾った薬玉を掛けて厄除(やくよ)けとした。20090331_h101

打掛 紅綸子地御簾薬玉桜模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

打掛 / 模様 / 綸子 / うちかけ

関連作品

チェックした関連作品の検索