文化遺産オンライン

狩衣 紺地桐角紋散模様

かりぎぬ  こんじきりかくもんちらしもよう

作品概要

狩衣 紺地桐角紋散模様

かりぎぬ  こんじきりかくもんちらしもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

狩衣はもともと宮廷貴族が狩や旅に出る際に着用する公家装束の一種である。袖口(そでくち)に括(くく)り緒(お)があり、両脇が開いているなど、動きやすいように工夫されている。能では、天皇、大臣など身分の高い人物や神を演じる際に着用する。鳳凰(ほうおう)が棲(す)むといわれる桐模様は高貴の象徴である。

狩衣 紺地桐角紋散模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

狩衣 / Noh / 模様 / Kariginu

関連作品

チェックした関連作品の検索