瓜蒔絵角赤手箱 うりまきえすみあかてばこ

その他の画像全3枚中3枚表示

漆工 / 江戸 

江戸時代・17世紀
1合

平(ひら)蒔絵を主体にして絵梨子地(えなしじ)と針描(はりがき)を多用するなど、技法的には桃山期に流行したいわゆる高台寺蒔絵の特徴を示している。ただし全面を覆い尽くすような文様構成や、瓜の葉脈や花弁の細かい描写は、江戸時代に入ってからの様相ととらえられる。桃山期のスタイルを受け継ぎながらも、美意識の変容が認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

瓜蒔絵角赤手箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菱貝蒔絵硯箱
秋草蒔絵小重箱
檜垣枝菊蒔絵沈箱
秋草蒔絵香箪笥
芒元結蒔絵元結箱
ページトップへ