垣秋草蒔絵歌書箱 かきにあきくさまきえかしょばこ

その他の画像全3枚中3枚表示

漆工 / 江戸 

五十嵐作
江戸時代・17世紀
1合

古今和歌集の冊子を収める箱。加賀・前田家に伝来しました。垣根に秋草を組み合わせた図柄や、菊花や薄(すすき)、桔梗などの表現には、前田家の御用を勤めた京都の有名蒔絵師、五十嵐(いがらし)に特有の表現が認められます。箱の内側にも全面にわたり、扇面に夕顔、折枝散(おりえだちらし)の文様を描いています。

作品所在地の地図

関連リンク

垣秋草蒔絵歌書箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋草蒔絵柄鏡箱
秋景蒔絵料紙箱
秋草蒔絵小重箱
扇散蒔絵硯箱
芒元結蒔絵元結箱
ページトップへ