文化遺産オンライン

四天 亀甲雲鶴龍模様

よてん  きっこううんかくりゅうもよう

作品概要

四天 亀甲雲鶴龍模様

よてん  きっこううんかくりゅうもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

金銀糸を多用した総刺繍(ししゅう)に馬簾(ばれん)とよばれる房(ふさ)が、裾(すそ)周りについた伊達(だて)四天は、繍四天あるいは唐織四天といい、武勇に優れた役や盗賊・妖術使いなどの役に使用する。徳川家斉の側室お美代の方の舞台で「絵本太功記」の四天王但馬守に使用したと伝えられる。(2005/11/01_h09)(20131016_h09)

四天 亀甲雲鶴龍模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

唐織 / / 模様 / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索