文化遺産オンライン

帷子 白麻地住吉浦風景模様

かたびら しろあさじすみよしのうらふうけいもよう

作品概要

帷子 白麻地住吉浦風景模様

かたびら しろあさじすみよしのうらふうけいもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

白麻地に友禅染で松原の景を描いた単仕立(ひとえじたて)の帷子である。松原の間に三つの屋根が連なる社殿・鳥居(とりい)・塩釜(しおがま)などが見えることから、大阪の住吉の浦を表わす。江戸時代後期には庶民の間で物見遊山が流行し、名所をデザインした風景模様の小袖が人気を呼んだ。20090722_h101

帷子 白麻地住吉浦風景模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

帷子 / 模様 / / かたびら

関連作品

チェックした関連作品の検索