文化遺産オンライン

唐織 紅白段稲妻桐菊桜樹模様

からおり こうはくだんいなづまきりきくおうじゅもよう

作品概要

唐織 紅白段稲妻桐菊桜樹模様

からおり こうはくだんいなづまきりきくおうじゅもよう

染織 / 安土・桃山

安土桃山時代・16世紀

1領

豊臣秀吉の家紋でもあった菊桐紋を散らしたデザインは、当時の染織だけではなく、安土桃山時代の漆芸、いわゆる高台寺蒔絵(まき・え)にもしばしば見られる。現状は江戸時代中期以降の様式に仕立て変えられているが、袖幅が狭い、安土桃山時代の形態をたどれる。(2004/9/1、h09)(20170131_h21・22特集金春)

唐織 紅白段稲妻桐菊桜樹模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

安土 / Azuchi / Momoyama / 桃山

関連作品

チェックした関連作品の検索