唐織 紅白段稲妻桐菊桜樹模様 からおり こうはくだんいなづまきりきくおうじゅもよう

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 安土・桃山 

安土桃山時代・16世紀
1領

豊臣秀吉の家紋でもあった菊桐紋を散らしたデザインは、当時の染織だけではなく、安土桃山時代の漆芸、いわゆる高台寺蒔絵(まき・え)にもしばしば見られる。現状は江戸時代中期以降の様式に仕立て変えられているが、袖幅が狭い、安土桃山時代の形態をたどれる。(2004/9/1、h09)(20170131_h21・22特集金春)

作品所在地の地図

関連リンク

唐織 紅白段稲妻桐菊桜樹模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐織 萌黄地雪持柳桐菊藤梅片身替模様
縫箔  紅白段菊芦水鳥模様
縫箔 紅白段短冊八橋雪持柳模様
厚板 紅地入子菱丸紋散模様
秋草蒔絵香箪笥
ページトップへ