文化遺産オンライン

産衣 黄麻地紅葉鳥兜模様

うぶぎ きあさじもみじとりかぶともよう

作品概要

産衣 黄麻地紅葉鳥兜模様

うぶぎ きあさじもみじとりかぶともよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

乳児用の帷子で、刺(し)繍(しゅう)と摺(すり)匹(びっ)田(た)(型紙で鹿の子絞りの模様を摺り染めにした模様)による加飾を施す。紅葉と鳥兜との組み合わせから『源氏物語』「紅葉賀」をモティーフとした模様である。デザインの様式から江戸時代後期に武家の娘が着用したと考えられる。

産衣 黄麻地紅葉鳥兜模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 帷子 / ramie / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索